うつ症状の時に食べると良い食品

2010年11月28日


うつ症状は脳内の神経伝達物質セロトニンが不足することで起きると考えられています。
セロトニンの原料となるものはトリプトファンという必須アミノ酸です。
これは体内では作られません。

トリプトファンを多く含む食品は
食品名/含有量(mg)
バナナ/10
豆乳/53
牛乳/42
ヨーグルト/47
プロセスチーズ/291
ひまわりの種/310
アーモンド/201
肉類/150から250
糸引納豆/242
すじこ/331
たらこ/291
白米/89
そば/192
100gあたり(Wikipedia参照) などがあります。 体の健康はもちろんですが、心の健康も食生活が大事です。
但し、食べすぎには注意しましょう。

カウンセラー小林宏暢著者:   Google+

恵比寿メンタルカウンセリング代表。
様々な職種経験を活かし、認知行動療法を行います。
アダルトチルドレン、共依存、コミュニケーションなどのご相談をお受けしています。


関連記事

五月病
うつ病と脳の関係
あがり症を治したい
仮面うつ病


←コラム一覧に戻る


東京【恵比寿メンタルカウンセリング】




当ルームではこのようなご相談もお受けしております。




ご予約はこちら

ご予約時には、以下のことをお伺いしております。
  1. カウンセリングコース(初めての方は「お悩み相談50分」か「初回面接80分」のどちらかを選択していただいています。内容をご確認下さい。)
  2. カウンセラー(カウンセラープロフィール
  3. 氏名、年齢、相談内容(お悩みの種類などを簡単にお伺いしております。)
お電話 メール
電話番号
フォームを開く
メールの受信は24時間受け付けております。
メールの返信は営業時間内にお送りいたします。


TOP