副交感神経とは?

副交感神経は「夜の神経」とも呼ばれ、体を緊張から解きほぐし、休息させるように働く自律神経です。
アセチルコリンという神経伝達物質を放出し、瞳孔は収縮し、脈拍はゆっくり隣、血圧は下降して、体も心もリラックスした状態になります。
副交感神経優位な状態だと、眠りにつきやすかったり、深い眠りになりやすかったり、睡眠に良い影響を与えます。


【副交感神経の働き】

○血管を拡張させる
○心拍数を下げる
○呼吸数を減らす
○血圧を下げる
○唾液の分泌を促す
○消化を促進する
○排泄を促す


副交感神経は睡眠時や食事中など、心身共にリラックスしているときに働きます。


【副交感神経が優位になると】

○無気力・集中力低下
○アレルギー症状


自律神経のバランスが崩れ、自律神経失調症になるのは交感神経が優位になったために起こる症状だと思われることが大いにですが、副交感神経が優位になりすぎても上記のような症状が出てしまうのです。


東京【恵比寿メンタルカウンセリング】




当ルームではこのようなご相談もお受けしております。




ご予約はこちら

ご予約時には、以下のことをお伺いしております。
  1. カウンセリングコース(初めての方は「お悩み相談50分」か「初回面接80分」のどちらかを選択していただいています。内容をご確認下さい。)
  2. カウンセラー(カウンセラープロフィール
  3. 氏名、年齢、相談内容(お悩みの種類などを簡単にお伺いしております。)
お電話 メール
電話番号
フォームを開く
メールの受信は24時間受け付けております。
メールの返信は営業時間内にお送りいたします。


TOP