>   > 

アダルトチルドレンチェック結果

チェックの結果、
アダルトチルドレンである可能性がかなり高いようです。

結果の内容から、以下のようなパターンに該当する可能性があります。
幼少期や思春期に下記の様なことはありませんでしたか?


○子どもを肯定しない家族のパターン
・他人や兄弟姉妹といつも比べられたり、差別をされた
・批判され、いやみや皮肉を言われた
・「こんなにしてやってるのに」「あんたのためだ」と恩を着せられた
・親の言うとおりにするようコントロールされた

○表面だけよくふるまう家族のパターン
・他人の目を気にした家族だった
・表面だけ良くふるまった
・学歴や肩書き、地位が重視された
・お金や有名ブランド品が重視された

○秘密や隠し事のある家庭のパターン
・家族に、外部に漏らしてはならない、いろいろな秘密があったり、隠し事があった
・性的虐待があった場合は、誰にも言うな、と脅された

○容姿やからだについて否定的なことを言う家族のパターン
・顔や姿についてからかわれ、見下された
・直すことができない身体障害をからかわれたり、卑下された
・「胸がでてきた」「おしりが大きいね」「毛深い」と性的なことを無神経に言われた

○親と子どもの関係が逆転している家族のパターン
・親の愚痴を聞かされた
・自分の年に合わない家事をさせられた
・両親の世話や調停役をした
・親から自分と競争されたり、嫉妬された

○子どもを過度に甘やかす家族のパターン
・過度に甘やかされて育った
・親のひとりよがりや、さびしさなどの精神的欲求から溺愛された
・欲しいものは何でも与えられた
・自律を促されなかった

○依存症のメンバーがいた家族のパターン
・親がアルコール、薬物、ギャンブルなどの依存症になっていた
・身体的虐待、精神的虐待が頻繁に起きていた
・親が酔うと暴れるなど、何がいつ起きても不思議ではない状態だった

○家族不和や両親間に暴力のあった家族のパターン
・片方の親からもう一方の親のからだや言葉の暴力を見て育った
・祖父母、両親、親類の間にいさかいが常にあった
・家族内にDV(ドメスティックバイオレンス)があった

アダルトチルドレンの度合いに関係なく、チェック結果で該当する可能性があるものを表示しています。


上記はアダルトチルドレンで悩む方に多く見られる機能不全家族の一例です。


アダルトチルドレンの改善

アダルトチルドレンの方には、自分がアダルトチルドレンであり、「子供時代に傷ついていた」「相手に合わせ過ぎていた」という事実を理解し認めることが重要です。
現在の「虚しさ」「寂しさ」「不安」「見捨てられ感」「コミュニケーションの難しさ」などがどこから来ているのかを探し、発見していき、現実の行動と結びつけていくことが大切です。
それらを繰り返して行う事で、自尊心が増え、自分に対して自信がついていき、自己愛も増えていきます。
アダルトチルドレンからくる「認知の歪み(考え方のクセ)」によって、考え方や感情の悩みにつながることが多くあります。

認知の歪みに関して
 → 考え方のクセ
アダルトチルドレンの原因や対処
 → アダルトチルドレン

その他のチェックシート


関連記事

…2018-08-19

…2018-08-12

…2010-12-24

…2010-12-01

…2010-11-03



東京【恵比寿メンタルカウンセリング】






pagetop