>   > 

心的外傷後ストレス障害(PTSD)・急性ストレス障害(ASD)

事件や事故、災害、死別などの、突然に不幸な出来事に見舞われ、強い恐怖やショックを感じて、それがトラウマ体験となりPTSDを発症し、様々なストレス障害を引き起こす疾患です。
診断は1ヶ月以上続く場合とされ、事件や事故の直後からPTSD症状がみられ、解離症状を伴なっている人は急性ストレス障害(ASD)と診断をされます。
ASDはPTSDの発症が予期される状態です。
※トラウマ…個人にとって心理的に大きな打撃を与え、その影響が長く残るような体験


心的外傷後ストレス障害(PTSD)・急性ストレス障害(ASD)解説図


再体験

○思い出したくないのにイメージが再生される
 ⇒寝つきが悪くなったり、引っ込み思案になる
○フラッシュバック
 ⇒記憶におびえて、生活に支障をきたす。
  ※現実への意識を失い、当時の心理状態に陥る。痛みを感じるケースもあります


心的外傷後ストレス障害(PTSD)・急性ストレス障害(ASD)の特徴

似たような状況をおそれ、避けようとする「回避症状」や、常に緊張していて、物音や接触で恐がる「過覚醒」、感情が麻痺して悲しまなくなる「解離」などの症状が特徴的です。
また、考え方が消極的、否定的になる傾向、不眠症や息切れ、めまい集中力の低下等の症状も現れます。
うつ病、その他の不安障害、アルコール依存症などの併発率が高い。


心的外傷後ストレス障害(PTSD)・急性ストレス障害(ASD)の原因

トラウマ体験の恐怖や不安がきっかけで、その状況に対処できなくなることが原因で、ASD→PTSDの発症につながることが多い。


心的外傷後ストレス障害(PTSD)・急性ストレス障害(ASD)の回復

認知行動療法が最有効で、トラウマ体験によって変化した考え方と行動パターンを修正していきます。
症状が強い場合、薬物療法も併用するのが望ましいでしょう。
急性ストレス障害(ASD)から心的外傷後ストレス障害に移行する確率は非常に高いので、ASDの時期にカウンセラーか診療内科に相談することが早期治療につながります。



東京【恵比寿メンタルカウンセリング】



pagetop