>   > 

脳内神経伝達物質の役割

ノルアドレナリン

ノルアドレナリンは神経を興奮させる交感神経系の神経伝達物質で、意欲、不安、恐怖と深い関係があり、人間を含めて動物において、脳内で一番多く分泌されています。
「ノル」とは「正規化合物」をあらわす言葉で、ノルアドレナリンの一部が変化したものがアドレナリンです
ストレスを受けると放出されるため「怒りのホルモン」とも呼ばれています。


ノルアドレナリンの役割

強い覚醒力で人間の意識を維持します。
覚醒、集中、記憶、積極性、痛みをなくすなどの働きがあり、その覚醒力が人間の生命の源となっています。
また、元々は敵に出会ったときに敵から身を守るために交感神経を刺激して心拍数や血圧を上げ、敵に対抗(または逃避)する役割があり、現代においてはストレスを受けたときに同様の仕組みが起こります。


ノルアドレナリンの不足、過剰

― 不足 ―
  • 無気力、無関心
  • 意欲の低下
  • 免疫力の低下
  • うつ病、胃潰瘍などの要因
    など
― 過剰 ―
  • 脳の興奮がコントロールできない
  • 血圧、血糖値の上昇
  • うつ病、パニック障害、強迫性障害、対人恐怖症などの要因
    など


ノルアドレナリンとストレス

長期間ストレスがあった場合、ノルアドレナリンの使用が合成を上回るため、ノルアドレナリンが減少します。
ノルアドレナリンが減少するとノルアドレナリンの受容体の感受性を上昇させて対応しようとし、些細なストレスにも過剰に攻撃、逃避反応をするようになってしまいます。

セロトニン

セロトニンは必須アミノ酸のトリプトファンから生合成される脳内の神経伝達物質です。
人間の精神活動に大きく影響し、日常生活からうつ病や不安障害などの精神疾患に至るまでセロトニンの影響が注目されるようになっています。
ストレスや不安、マイナス思考はセロトニンが大きく影響していると言われています。


セロトニンの役割

セロトニンは精神を安定させる作用があり、三大精神伝達物質である、ドーパミン、ノルアドレナリンの両方をコントロールし、自律神経のバランスを取ります。
体温調節、血管や筋肉の調節、攻撃性の調節、食欲の調節、運動などの身体の様々な機能の調節を担っています。


セロトニンの不足、過剰

― 不足 ―
  • ストレスを感じやすくなる
  • 感情にブレーキがかかりにくくなる
  • イライラして攻撃的になりやすい
  • 周囲とのコミュニケーションが取りにくくなる
  • 多くの精神疾患の要因
    など
― 過剰 ―
  • セロトニン症候群(セロトニン作動系の服薬の場合)
  • 頭痛
  • めまい
  • 嘔吐
  • 昏睡
    など


セロトニンとストレスの関係

幼児期に機能不全な家族で育った環境の人(アダルトチルドレン)はセロトニンの分泌能力が低く、セロトニン濃度低下が起こりやすくなると言われています。
また、長期間ストレスにさらされるとセロトニンが大きく減少するため感情にブレーキが利かなくなります。


セロトニンの重要性

セロトニンは精神の安定に最も重要な神経伝達物質で、身体に大きな影響を与えます。
生活習慣の改善、太陽を浴びる、適度な運動をする、などを行うとセロトニンは増加すると言われているので、セロトニンを増やし自然なストレスケアができるよう心掛けましょう。

ドーパミン

ドーパミンは交換神経節後繊維や副腎髄質に含まれるホルモンの一種で、アドレナリンの前駆物質です。(ドーパミン→ノルアドレナリン→アドレナリン)
脳から出る大事なホルモンですが、常に出ているわけではなく、いざという時に出てくるものです。

ドーパミンの役割

集中力、やる気などの精神機能を高め、運動機能に関係しています。
ドーパミンは脳を覚醒させ、集中力を高めたり、ストレスの解消や楽しさ、心地よさといった感情を生み出す働きを持っています。
また人間が物事を行うときの動機付けの役割や恋をしているときに身体に表れる症状(顔が赤くなるな)もドーパミンが関係しています。


ドーパミンの不足、過剰

― 不足 ―
  • 低下
  • 運動機能の低下
  • 性機能の低下
  • パーキンソン病の要因
    など
― 過剰 ―
  • 統合失調症(幻覚、幻聴、パラノイアなど)の要因
  • トゥレット症候群(顔や頭が勝手に動く、のど鳴らしなど)の要因
  • 過食の要因
    など


ドーパミンと依存症の関係

タバコ、お酒、薬物はドーパミンを増やします。
ドーパミンはドーパミンレセプター(受容体)にくっついて、情報として次の神経系に伝わりますが、タバコやお酒の過剰、薬物はドーパミンが過剰になります。
脳はレセプターの生産量を減らすことで過剰に快楽が伝えられないようにコントロールします。
このことにより中毒者はドーパミンが一定量出ていても、欠乏状態と認識され、ドーパミンを補充しようとタバコやお酒、薬物乱用を繰り返してしまいます。
これが中毒になるメカニズムです。

著者:
恵比寿メンタルカウンセリング代表。様々な職種経験を活かし、認知行動療法を行います。アダルトチルドレン、共依存、コミュニケーションなどのご相談をお受けしています。

関連記事

…2019-01-25

…2012-02-21

…2010-10-03



東京【恵比寿メンタルカウンセリング】






pagetop