>   > 

心理カウンセリングの事

心理カウンセリングというと、怪しいイメージを持たれる方もいるかもしれません。
世の中には、様々な療法、スピリチュアル、ヒーリングなどがあります。
他にも、根も葉もない方法で施術を行う方もいらっしゃいます。
心理カウンセリングがそれらの仲間のように捉えられる事がしばしばあるのは、日本での心理カウンセリングの認知が低い事が原因になっていると思います。

心療内科や精神科の先生方も心理カウンセリングを行ないます。
しかし、現状は、医師によっての心理カウンセリングがクライアントに行き渡っていません。
カウンセリングは時間と労力が必要です。
どうしても日本の医療現場では人員の不足が起こってしまいます。
現代のストレス社会において、クライアントが増える一方、それをケアする医師が不足しているのです。

民間の心理カウンセリングでは保険が適用されません。
医師以外が行うカウンセリングは医療では無いからです。
カウンセラーの資格も民間のものが殆どです。

そのような背景があり、民間の心理カウンセリングは、「怪しい」「不安」と捉われやすいのです。
外科的、内科的医療と同じくらい、メンタルケアの認知が一日でも早く上がる事を望んでおります。
著者:
恵比寿メンタルカウンセリング代表。様々な職種経験を活かし、認知行動療法を行います。アダルトチルドレン、共依存、コミュニケーションなどのご相談をお受けしています。

←コラム一覧に戻る


関連記事

…2013-09-11

…2011-05-01

…2011-04-02

…2011-03-03

…2011-01-23



東京【恵比寿メンタルカウンセリング】






pagetop