自律神経

自律神経は人体の60兆個の細胞をコントロールしている神経で、心臓や消化器官などの内臓や血管、内分泌腺などは自分の意思とは無関係に必要に応じて、自動的にこの自律神経によって調節されます。
自律神経は交感神経副交感神経で成り立っています。
血管を収縮させて緊張したり興奮したりするのは交感神経働きで、血管を拡張させてリラックスしたり、安静にするのは副交感神経が優位な状態となります。
人間はこの2つの正反対の神経をバランスよく切り替えて生活しています。
このバランスが崩れると「自律神経失調症」や精神疾患になってしまいます。


【自律神経の乱れ】

ストレスが多かったり、生活リズムが乱れている現代人は、多くの人が自律神経を乱されてしまっています。
自律神経の乱れは免疫の状態に影響を与え、様々な症状を起こします。
強いストレスを受けたり、無理をしすぎると交感神経が緊張して組織破壊の病気につながります。


のんびりリラックスしすぎると副交感神経が優位になって、アレルギーの病気になりやすくなります。
つまり、交感神経と副交感神経のバランスが心や体のバランスにつながるということになります。


【自律神経をコントロールする】

働いている昼間は交感神経が優位になり、休息の夜は副交感神経優位となる「日内リズム」があります。
また、四季に対応して自律神経の「年内リズム」があります。
夏はリラックスする副交感神経、冬は寒さに備えて交感神経優位になります。
また、不調の多くは交感神経優位の場合が多く、副交感神経が優位になれば、心身の深いリラックスを味わうことができます。
自律神経をコントロールするには、生活リズム、食事、運動、呼吸法、抑圧など様々ありますが、やはり、ストレスに向き合い、正しいストレスケアをすることが1番のコントロール方法と言えるでしょう。



東京【恵比寿メンタルカウンセリング】




当ルームではこのようなご相談もお受けしております。




ご予約はこちら

ご予約時には、以下のことをお伺いしております。
  1. カウンセリングコース(初めての方は「お悩み相談50分」か「初回面接80分」のどちらかを選択していただいています。内容をご確認下さい。)
  2. カウンセラー(カウンセラープロフィール
  3. 氏名、年齢、相談内容(お悩みの種類などを簡単にお伺いしております。)
お電話
0364502595
メール
フォームを開く
メールの受信は24時間受け付けております。
メールの返信は営業時間内にお送りいたします。


TOP