社会恐怖(社会不安障害)[SAD]

対人恐怖症とも呼ばれ、発症時期は10代半ばから20代半ばが多く、10人に1人から2人は社会恐怖と報告されていて、悩みを抱えている人は多いようです。
「恥ずかしい思いをしたくない」という不安や、対人関係に恐怖を抱いてしまい、「人前で何かする」ことが極度の緊張となり、あがり症や赤面症が典型的な症例で、紅潮、動悸、吐き気、震え、発汗、めまいなどが身体症状として現れてしまいます。
「自分の視線が相手に対して不快感を与えているのではないか」「人の視線を極度に恐れてしまう」「近距離で目を合わせることに恐れてしまう」などの視線恐怖症や、多汗症、体臭恐怖症も社会恐怖に含まれます。
多くは「考え方のクセ」が原因で、背景にはアダルトチルドレンであることも考えられます。


社会恐怖(社会不安障害)[SAD]解説図


【社会恐怖の特徴】

社会恐怖の特徴としては、苦手な状況や人との接触そのものを避けることが増えていき、ニートやひきこもりにつながることも少なくありません。
また、社会恐怖を長期間治療せずに放置しておくと、うつ病パニック障害を併発し、その後、回避性人格障害と診断されることもあります。


【社会恐怖の原因】

育ち方による考え方のクセや社会的な場面での経験などの環境要因が強いと考えられています。
「とても恥ずかしい思いをした」「屈辱的な扱いを受けた」などの嫌な体験が発症のきっかけになる人もいますが、多くは「考え方のクセ」が原因で、背景にはアダルトチルドレンであることも考えられます。
構造的には脳内神経物質であるドーパミンやセロトニン の減少により、バランスが崩れ、神経が過敏に反応してしまい、身体症状に現れると考えられています。


【社会恐怖の回復】

認知行動療法が最有効で、自分の考え方のクセや不安に至る経緯を発見、修正していき、生活に当てはめていきます。
それが自信になり、不安の軽減、除去へとつながり、社会恐怖克服へとなっていきます。
社会恐怖は考え方のクセや環境要因が多いので薬物療法だけでの完治はしづらく、一時的に治癒しても
率が高く、症状が重ければ薬物療法と認知行動療法の併用が望ましい。
早期治療が大切で、自己判断し、放っておくと、うつ病パニック障害を併発し、その後、回避性人格障害と診断されることもあります 。



東京【恵比寿メンタルカウンセリング】




当ルームではこのようなご相談もお受けしております。




ご予約はこちら

ご予約時には、以下のことをお伺いしております。
  1. カウンセリングコース(初めての方は「お悩み相談50分」か「初回面接80分」のどちらかを選択していただいています。内容をご確認下さい。)
  2. カウンセラー(カウンセラープロフィール
  3. 氏名、年齢、相談内容(お悩みの種類などを簡単にお伺いしております。)
お電話
0364502595
メール
フォームを開く
メールの受信は24時間受け付けております。
メールの返信は営業時間内にお送りいたします。


TOP