パーソナリティ障害

パーソナリティ障害は、自分のパーソナリティ(人格)の未確立(AC)が原因となり、常に不安や、孤独間が強く。依存、相手への白黒思考、行動化(リストカット、オーバードース(薬物過剰摂取)、突発的な激怒を繰り返します。
一般的な成人に比べて極端な考えや行為を行ったりして、結果として社会への適応を著しく困難にしていたり、精神病理学的な症状によって本人が苦しんでいるような、人格状態に陥っている状態にあります。
また、パーソナリティー障害は、個々人の持っている「性格と呼ばれる特徴」が尖鋭化し、社会生活をうまく営めない、あるいは自他に危険を及ぼすほどになったものであると言えます。
なお、パーソナリティの歪みは存在しても、パーソナリティー障害ほど重くない場合は人格傾向(パーソナリティ・トレイト)とかつては呼ばれていた。


種類

○クラスターA
風変わりで自閉的で妄想を持ちやすく奇異で閉じこもりがちな性質を持つ。

・妄想性人格障害
・統合失調質人格障害
・統合失調型人格障害

○クラスターB
感情の混乱が激しく演技的で情緒的なのが特徴的。ストレスに対して脆弱で、他人を巻き込む事が多い。

・反社会性人格障害
・境界性人格障害
・演技性人格障害
・自己愛性人格障害

○クラスターC
不安や恐怖心が強い性質を持つ。周りの評価が気になりそれがストレスとなる性向がある。

・回避性人格障害
・依存性人格障害
・強迫性人格障害


東京【恵比寿メンタルカウンセリング】




当ルームではこのようなご相談もお受けしております。




ご予約はこちら

ご予約時には、以下のことをお伺いしております。
  1. カウンセリングコース(初めての方は「お悩み相談50分」か「初回面接80分」のどちらかを選択していただいています。内容をご確認下さい。)
  2. カウンセラー(カウンセラープロフィール
  3. 氏名、年齢、相談内容(お悩みの種類などを簡単にお伺いしております。)
お電話
0364502595
メール
フォームを開く
メールの受信は24時間受け付けております。
メールの返信は営業時間内にお送りいたします。


TOP