ノルアドレナリン

ノルアドレナリンは神経を興奮させる交感神経系の神経伝達物質で、意欲、不安、恐怖と深い関係があり、人間を含めて動物において、脳内で一番多く分泌されています。
「ノル」とは「正規化合物」をあらわす言葉で、ノルアドレナリンの一部が変化したものがアドレナリンです
ストレスを受けると放出されるため「怒りのホルモン」とも呼ばれています。


【ノルアドレナリンの役割】

強い覚醒力で人間の意識を維持します。
覚醒、集中、記憶、積極性、痛みをなくすなどの働きがあり、その覚醒力が人間の生命の源となっています。
また、元々は敵に出会ったときに敵から身を守るために交感神経を刺激して心拍数や血圧を上げ、敵に対抗(または逃避)する役割があり、現代においてはストレスを受けたときに同様の仕組みが起こります。


【ノルアドレナリンの不足、過剰】

― 不足 ― ― 過剰 ―
  • 無気力、無関心
  • 意欲の低下
  • 免疫力の低下
  • うつ病、胃潰瘍などの要因   など
  • 脳の興奮がコントロールできない
  • 血圧、血糖値の上昇
  • うつ病、パニック障害、強迫性障害、 対人恐怖症などの要因   など

【ノルアドレナリンとストレス】

長期間ストレスがあった場合、ノルアドレナリンの使用が合成を上回るため、ノルアドレナリンが減少します。
ノルアドレナリンが減少するとノルアドレナリンの受容体の感受性を上昇させて対応しようとし、些細なストレスにも過剰に攻撃、逃避反応をするようになってしまいます。





当ルームではこのようなご相談もお受けしております。




ご予約はこちら

ご予約時には、以下のことをお伺いしております。
  1. カウンセリングコース(初めての方は「お試し相談室50分」か「初回面接80分」のどちらかを選択していただいています。内容をご確認下さい。)
  2. カウンセラー(カウンセラープロフィール
  3. 氏名、年齢、相談内容(お悩みの種類などを簡単にお伺いしております。)
お電話 メール
電話番号 フォームを開く
メールの受信は24時間受け付けております。
メールの返信は営業時間内にお送りいたします。

無料心理テスト

初めての方

コンテンツ

コラム

カウンセラー紹介

写真|心理カウンセラー小林宏暢 小林 宏暢

女性の悩みを 数多く聞いてきた経験を生かし、心理カウンセリングを行います。
=ルーム定休日
12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2016/12/03現在

所在:東京都渋谷区恵比寿1-24-16カルチェ恵比寿503

よくあるご質問

当カウンセリングルームにお問い合わせの多い項目を掲載しております
よくあるご質問

掲載

心理カウンセリングサーチ

携帯サイト

携帯サイトQRコード
上記QRコードからフィーチャーフォンサイトにアクセスできます。
http://ebisu-mc.com/mobile/

TOP