セロトニン

セロトニンは必須アミノ酸のトリプトファンから生合成される脳内の神経伝達物質です。
人間の精神活動に大きく影響し、日常生活からうつ病や不安障害などの精神疾患に至るまでセロトニンの影響が注目されるようになっています。
ストレスや不安、マイナス思考はセロトニンが大きく影響していると言われています。


【セロトニンの役割】

セロトニンは精神を安定させる作用があり、三大精神伝達物質である、ドーパミンノルアドレナリンの両方をコントロールし、自律神経のバランスを取ります。
体温調節、血管や筋肉の調節、攻撃性の調節、食欲の調節、運動などの身体の様々な機能の調節を担っています。


【セロトニンの不足、過剰】

― 不足 ― ― 過剰 ―
  • ストレスを感じやすくなる
  • 感情にブレーキがかかりにくくなる
  • イライラして攻撃的になりやすい
  • 周囲とのコミュニケーションが取りにくくなる
  • 多くの精神疾患の要因   など
  • セロトニン症候群(セロトニン作動系の服薬の場合)
  • 頭痛
  • めまい
  • 嘔吐
  • 昏睡   など

【セロトニンとストレスの関係】

幼児期に機能不全な家族で育った環境の人(アダルトチルドレン)はセロトニンの分泌能力が低く、セロトニン濃度低下が起こりやすくなると言われています。
また、長期間ストレスにさらされるとセロトニンが大きく減少するため感情にブレーキが利かなくなります。


【セロトニンの重要性】

セロトニンは精神の安定に最も重要な神経伝達物質で、身体に大きな影響を与えます。
生活習慣の改善、太陽を浴びる、適度な運動をする、などを行うとセロトニンは増加すると言われているので、セロトニンを増やし自然なストレスケアができるよう心掛けましょう。





当ルームではこのようなご相談もお受けしております。




ご予約はこちら

ご予約時には、以下のことをお伺いしております。
  1. カウンセリングコース(初めての方は「お試し相談室50分」か「初回面接80分」のどちらかを選択していただいています。内容をご確認下さい。)
  2. カウンセラー(カウンセラープロフィール
  3. 氏名、年齢、相談内容(お悩みの種類などを簡単にお伺いしております。)
お電話 メール
電話番号 フォームを開く
メールの受信は24時間受け付けております。
メールの返信は営業時間内にお送りいたします。

無料心理テスト

初めての方

コンテンツ

コラム

カウンセラー紹介

写真|心理カウンセラー小林宏暢 小林 宏暢

女性の悩みを 数多く聞いてきた経験を生かし、心理カウンセリングを行います。
=ルーム定休日
12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2016/12/03現在

所在:東京都渋谷区恵比寿1-24-16カルチェ恵比寿503

よくあるご質問

当カウンセリングルームにお問い合わせの多い項目を掲載しております
よくあるご質問

掲載

心理カウンセリングサーチ

携帯サイト

携帯サイトQRコード
上記QRコードからフィーチャーフォンサイトにアクセスできます。
http://ebisu-mc.com/mobile/

TOP