ドーパミン

ドーパミンは交換神経節後繊維や副腎髄質に含まれるホルモンの一種で、アドレナリンの前駆物質です。(ドーパミン→ノルアドレナリン→アドレナリン)
脳から出る大事なホルモンですが、常に出ているわけではなく、いざという時に出てくるものです。

【ドーパミンの役割】

集中力、やる気などの精神機能を高め、運動機能に関係しています。
ドーパミンは脳を覚醒させ、集中力を高めたり、ストレスの解消や楽しさ、心地よさといった感情を生み出す働きを持っています。
また人間が物事を行うときの動機付けの役割や恋をしているときに身体に表れる症状(顔が赤くなるな)もドーパミンが関係しています。


【ドーパミンの不足、過剰】

― 不足 ― ― 過剰 ―
  • 低下
  • 運動機能の低下
  • 性機能の低下
  • パーキンソン病の要因 など
  • 統合失調症(幻覚、幻聴、パラノイアなど)の要因
  • トゥレット症候群(顔や頭が勝手に動く、のど鳴らしなど)の要因
  • 過食の要因  など

【ドーパミンと依存症の関係】

タバコ、お酒、薬物はドーパミンを増やします。
ドーパミンはドーパミンレセプター(受容体)にくっついて、情報として次の神経系に伝わりますが、タバコやお酒の過剰、薬物はドーパミンが過剰になります。
脳はレセプターの生産量を減らすことで過剰に快楽が伝えられないようにコントロールします。
このことにより中毒者はドーパミンが一定量出ていても、欠乏状態と認識され、ドーパミンを補充しようとタバコやお酒、薬物乱用を繰り返してしまいます。
これが中毒になるメカニズムです。





当ルームではこのようなご相談もお受けしております。




ご予約はこちら

ご予約時には、以下のことをお伺いしております。
  1. カウンセリングコース(初めての方は「お試し相談室50分」か「初回面接80分」のどちらかを選択していただいています。内容をご確認下さい。)
  2. カウンセラー(カウンセラープロフィール
  3. 氏名、年齢、相談内容(お悩みの種類などを簡単にお伺いしております。)
お電話 メール
電話番号 フォームを開く
メールの受信は24時間受け付けております。
メールの返信は営業時間内にお送りいたします。

無料心理テスト

初めての方

コンテンツ

コラム

カウンセラー紹介

写真|心理カウンセラー小林宏暢 小林 宏暢

女性の悩みを 数多く聞いてきた経験を生かし、心理カウンセリングを行います。
=ルーム定休日
12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2016/12/06現在

所在:東京都渋谷区恵比寿1-24-16カルチェ恵比寿503

よくあるご質問

当カウンセリングルームにお問い合わせの多い項目を掲載しております
よくあるご質問

掲載

心理カウンセリングサーチ

携帯サイト

携帯サイトQRコード
上記QRコードからフィーチャーフォンサイトにアクセスできます。
http://ebisu-mc.com/mobile/

TOP