交感神経とは?

交感神経は別名「昼の神経」と呼ばれ、昼間や活動的なときに活躍する自律神経です。
ノルアドレナリンという神経伝達物質を放出し、瞳孔は拡大し、心臓の拍動は早くなり、血管は収縮して血圧を上げ、体はエネルギッシュな状態になります。
強い恐怖を感じたとき、興奮したとき、激しい怒りを感じたとき、緊張したとき、悩みや不安を抱えているときなども交感神経が働きます。
交感神経優位な状態だと、眠れなかったり、眠れてもすぐ起きてしまったりと睡眠に大きな影響を与えてしまいます。


【交感神経の働き】

○血管を収縮させる
○呼吸数を増加させる
○心拍数を上げる
○血圧を上昇させる
○消化機能を抑制する
○排泄機能を抑制する


交感神経は上記のように、主に体を活動的にする働きがありますが、交感神経が優位になりすぎると様々な症状として現れてきます。


【交感神経が優位になる原因】

○緊張、ストレス、不安
○病気、疾患
○睡眠不足(不規則な生活)
○環境の変化
○不規則な食生活


交感神経が優位になる大きな原因は、精神的な問題(ストレス・緊張・不安)だと言われています。


【交感神経が優位になると】

○活性酸素の増加
○多汗症・唾液分泌を抑制
○息切れ・呼吸困難・イライラ(心拍数の増加)
○動悸・胸苦しさ・冷え性・のぼせ
○頭痛・めまい・立ちくらみ・耳鳴り・不眠
○肩こり・首こり・筋肉痛・腰痛。手足の震え


交感神経が優位になると上記のような症状が出始めます。





当ルームではこのようなご相談もお受けしております。




ご予約はこちら

ご予約時には、以下のことをお伺いしております。
  1. カウンセリングコース(初めての方は「お試し相談室50分」か「初回面接80分」のどちらかを選択していただいています。内容をご確認下さい。)
  2. カウンセラー(カウンセラープロフィール
  3. 氏名、年齢、相談内容(お悩みの種類などを簡単にお伺いしております。)
お電話 メール
電話番号 フォームを開く
メールの受信は24時間受け付けております。
メールの返信は営業時間内にお送りいたします。

無料心理テスト

初めての方

コンテンツ

コラム

カウンセラー紹介

写真|心理カウンセラー小林宏暢 小林 宏暢

女性の悩みを 数多く聞いてきた経験を生かし、心理カウンセリングを行います。
=ルーム定休日
12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2016/12/06現在

所在:東京都渋谷区恵比寿1-24-16カルチェ恵比寿503

よくあるご質問

当カウンセリングルームにお問い合わせの多い項目を掲載しております
よくあるご質問

掲載

心理カウンセリングサーチ

携帯サイト

携帯サイトQRコード
上記QRコードからフィーチャーフォンサイトにアクセスできます。
http://ebisu-mc.com/mobile/

TOP