パニック障害

発症は女性が男性の2倍以上で、年齢は20代前半から30代前半が多く、予期不安によりパニック発作を頻発させる障害です。

広場恐怖を伴うことも多く、外出や一人になることを避ける行動(回避行動)をしてしまい、日常生活や社会生活に影響を及ぼしてしまうケースも少なくありません。
多くは「考え方のクセ」が原因で、背景にはアダルトチルドレンであることも考えられます。



パニック発作
心臓、血圧、血管の疾患ではないのに、激しい動悸や、息切れ、めまい、発汗などが一気に起こり、通常数分でピークに達し、30分前後で症状が治まる発作のこと。
「死んでしまうのではないか」「気がおかしくなりそう」という不安や恐怖と共に起こるもの。



広場恐怖
助けを求められない、逃げられない状況や場所に対して強い恐怖を持ったり、パニック発作が出現した際に、自分の周囲に人だかりができることに対して不安を持つこと。



予期不安
「また発作が起こるのでは」という不安。
パニック発作を何度か起こすうちに、不安が膨れ上がり、不安を先取りし、それにより発作が起こったり、回避行動をしてしまいます。


パニック障害解説

【パニック障害の原因】

ノルアドレナリンの過敏、過活動、セロトニンの機能不全と考えられています。
考え方のくせにより、ストレスや不安を過剰に受け止めてしまい、ノルアドレナリンセロトニンが分泌異常となり、身体にパニック発作として現れてしまいます。
過労や睡眠不足、カフェインの取りすぎも発作の頻発につながっていると考えられています。 多くは「考え方のクセ」が原因で、背景にはアダルトチルドレンであることも考えられます。


【パニック障害の回復】

薬物療法、認知行動療法の併用が望ましく、併用によるパニック発作も消失効果や、再発防止効果が上がることが実証済みで、治療期間の短縮にもつながります。
早期の治療を受ければ、3ヶ月以内で治る場合もあるが、通常、半年から 1年かけて治していきます。
また、 うつ病強迫性障害などの疾患を併発しやすく、治療期間がさらに長期化してしまいます。
発作が起こった場合は自己判断せずに、早めに循環器科などで検査し、異常がなければ精神科か心療内科で診断の後、認知行動療法のカウンセリングを受け、原因である「考え方」や「考え方のクセ」の発見と修正していき、改善していくことが望ましいでしょう。






当ルームではこのようなご相談もお受けしております。




ご予約はこちら

ご予約時には、以下のことをお伺いしております。
  1. カウンセリングコース(初めての方は「お試し相談室50分」か「初回面接80分」のどちらかを選択していただいています。内容をご確認下さい。)
  2. カウンセラー(カウンセラープロフィール
  3. 氏名、年齢、相談内容(お悩みの種類などを簡単にお伺いしております。)
お電話 メール
電話番号 フォームを開く
メールの受信は24時間受け付けております。
メールの返信は営業時間内にお送りいたします。

無料心理テスト

初めての方

コンテンツ

コラム

カウンセラー紹介

写真|心理カウンセラー小林宏暢 小林 宏暢

女性の悩みを 数多く聞いてきた経験を生かし、心理カウンセリングを行います。
=ルーム定休日
12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2016/12/03現在

所在:東京都渋谷区恵比寿1-24-16カルチェ恵比寿503

よくあるご質問

当カウンセリングルームにお問い合わせの多い項目を掲載しております
よくあるご質問

掲載

心理カウンセリングサーチ

携帯サイト

携帯サイトQRコード
上記QRコードからフィーチャーフォンサイトにアクセスできます。
http://ebisu-mc.com/mobile/

TOP