恋愛が上手になるコツ

2013年05月28日


恋愛関係というのは、数ある人間関係の中でも難しい関係だと思います。
それは、血族ではない人と親密な関係性になるには障害が多く、心や生活の深い部分での関わり合いが問われるからです。
恋愛感情があっても、どこかで不一致が発生するものです。
そんな中でも、恋愛関係を上手く築いている人は多くいます。

ここでは、恋愛上手な人に見られる傾向を見ていこうと思います。
但し、小悪魔的なテクニックではなく、心理の根本的な部分に注目したものを紹介したいと思います。

▽▽▽自己開示を上手にする▽▽▽
自己開示をしないのも、しすぎるのも恋愛では上手な方法とは言えません。
自己開示をしないと、相手は警戒します。
なかなか男性が寄ってこないという女性は、自己開示が足りず、相手に警戒されていることが多くあります。
また、自己開示をしすぎると、相手を不快にさせたり、勘違いをさせたりする場合があります。
恋愛での上手な自己開示の仕方は、相手にどう見せたいかを意識して、意図的に開示していくのがコツです。
もちろん、嘘の自己開示をする事はご法度です。
深い関係になればぼろが出ます。
在りのままの自分を、順番とタイミングを見計らって小出しにすると良いでしょう。
人は知らな過ぎるのも、知り過ぎるのも不安を抱いてしまうのです。


▽▽▽自分が楽しむ方法を知っている▽▽▽
恋愛に限ったことではないのですが、自分が楽しむ方法を知っている人は何事も好転する可能性が高い傾向にあります。
それは、ネガティブなことがあった時でも、くよくよせず前向きに対処すると、思わぬことで良い方向に進んだり、ネガティブなこと事態が、後で考えるとネガティブな出来事ではなくなったりするからです。
悪いことを楽しむぐらいの前向きさがあると、周りからも尊敬や信頼を得られるでしょう。

恋愛では、ネガティブな事も多く起こります。
そんな時に、落ち込んでばかりで何もしないでいると、恋愛関係が悪い方向に行ってしまいます。
前向きに自分が楽しむぐらいの気持ちで恋愛に向き合うのが恋愛上手のコツです。


▽▽▽自分に自信を持ち、相手には敬意をはらう▽▽▽
恋愛をするとプラスの感情を得られます。
楽しいや嬉しいなどの感情です。
自分に自信を持っていないと、このようなプラスの感情を失うことの恐怖が大きくなります。
特に恋愛のことで頭がいっぱいの方は、全てを失ってしまうような感覚になる事もあります。
恋愛関係を失う事を恐れていると、消極的になってしまい、反対に恋愛が上手く行かなくなってしまうものです。
自分に自信を持ち、相手との程よい距離をコントロールするのが恋愛上手のコツです。

また、相手に敬意を払うというのは、相手のことを認めるということです。
恋愛関係になると、どうしても距離が近くなり、相手を一人の人として敬意をはらうことが難しくなることがあります。
人としての線引きが出来ず、独りよがりなわがままが増えたり、相手を不用意に傷つけてしまう場合があります。
それでは、良い恋愛関係は築けません。

お互いにプラスになるような関係性を意識するのが恋愛上手のコツです。


▽▽▽気付かれないように相手をコントロールする(相手が能動的になるようにコントロールする)▽▽▽
「気付かれないように相手をコントロールする」というと悪意があるように聞こえてしまいますが、ここでいうコントロールというのは、相手の心理を読み取り、お互いに良い落しどころをみつけ、そこに誘導するという事です。
特に男性は、主導権を握りたいという意識が強い方が多く、無意識に「決められること」を嫌う傾向があります。
そこで、相手に「自分の意思で決めた」と思わせておいて、実は自分が望ん通りになるような誘導が出来れば、お互いに良い結果になります。
相手のことを良く見て、感情や行動を予測できるようになるのが恋愛上手のコツです。


▽▽▽時には妥協もする▽▽▽
全てが自分の思い通りになる事はなかなかないものです。
自分の思い通りにならないと、イライラしたり塞ぎ込んだりしてしまいます。
ですので、時には妥協する事も必要になります。
恋愛で言う妥協は、相手に譲るというニュアンスで捉えると良いかと思います。
自分が相手の意見に屈服したと感じるような妥協では、自尊心が傷ついてしまいます。
相手のことが好きなら、時には相手の思うようにしてあげるのが恋愛上手のコツです。


▽▽▽自己同一化をしない▽▽▽
自己同一化とは、人の感情や行動を、自分のことのように思うことです。
恋愛関係が長く続くと、どうしても相手との自己同一化が起こります。
長く一緒にいれば当たり前ですし、自己同一化自体が悪いというわけではありません。
ですが、自己同一化が進んだときに弊害となるのが、感情の過度な移入と、自己同一化の不一致が起こったときです。
感情の過度な移入が起こると、相手のことに一生懸命になったり、感じなくても良い負の感情を感じてしまったりと疲れてしまう事が多くなります。
また、自己同一化の不一致が起こった時は、自分が相手から感じた感情と、本当に相手が感じていることがずれてしまい、どれが信じていい感情なのかが分からなくなります。
感情の混乱が起こり、自分の心も相手との関係性もコントロールできなくなってしまいます。

自分は自分、相手は相手という立場をわきまえ、相手との楽しい時間を上手く共有するのが恋愛上手のコツです。



このように、恋愛を上手にするコツはたくさんあります。
意識的にコツを実行していけば、恋愛上手のクセが付いていきます。
出来そうな事があれば一度試してみてください。

カウンセラー小林宏暢著者:   Google+

恵比寿メンタルカウンセリング代表。
様々な職種経験を活かし、認知行動療法を行います。
アダルトチルドレン、共依存、コミュニケーションなどのご相談をお受けしています。


←コラム一覧に戻る





当ルームではこのようなご相談もお受けしております。




ご予約はこちら

ご予約時には、以下のことをお伺いしております。
  1. カウンセリングコース(初めての方は「お試し相談室50分」か「初回面接80分」のどちらかを選択していただいています。内容をご確認下さい。)
  2. カウンセラー(カウンセラープロフィール
  3. 氏名、年齢、相談内容(お悩みの種類などを簡単にお伺いしております。)
お電話 メール
電話番号 フォームを開く
メールの受信は24時間受け付けております。
メールの返信は営業時間内にお送りいたします。

無料心理テスト

初めての方

コンテンツ

コラム

=ルーム定休日
12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2016/12/03現在

所在:東京都渋谷区恵比寿1-24-16カルチェ恵比寿503

よくあるご質問

当カウンセリングルームにお問い合わせの多い項目を掲載しております
よくあるご質問

掲載

心理カウンセリングサーチ

携帯サイト

携帯サイトQRコード
上記QRコードからフィーチャーフォンサイトにアクセスできます。
http://ebisu-mc.com/mobile/

TOP