イライラした時

2011年06月25日


皆さんは、仕事や家庭でイライラした時に、どういう対処法をお持ちでしょうか。
ストレス発散や気分転換ができている人は、上手にイライラと付き合っている方かも知れません。
ですがイライラ気分を上手く処理できないでいる方も多いのではないのでしょうか。

イライラ気分には2種類の情動があります。
1つは怒りや憎しみなどの負の感情と、もう一つは自責や惨めさなどの回避の感情です。
どちらの情動も、対象が自分の思い通りにならない時に沸き上がる感情です。
イライラ気分はその原因が自分の思い通りになった時、または、結果を上手に受け入れた時に解消されます。
あとは、「忘れる」という方法もありますが、これはあまりお勧めしません。
それは、似たような事が起こったときに、同じようなイライラを感じ、同じような対処をすることになり、成長が望めないからです。

では、イライラと向き合う時に良い方法はないものでしょうか?
理想は、「イライラする環境や状況を作らない」のが一番良いのですが、一般社会において完全にその状況を作り出す事は難しいでしょう。
たくさんの人や物と関わって生きなければなりませんから、どうしても外的ストレス要因は存在してしまいます。
そこで、その要因を減らす方法を考えてみましょう。
怒られるとイライラする場合は、怒られないような振る舞いをしたり、自分の力不足にイライラする場合は、自分をもっと磨く事をするなど、原因になりうる事柄を排除していけば「イライラする環境や状況を作らない」に近づいていきます。
これは、イライラに対する対処というよりは、普段からの心構えですね。

それでは、実際にイライラする場面に直面した時はどうしたらよいのでしょうか。
まずは、冷静になる事を心がけてください。
イライラしている時は、神経が過敏になり、心拍数も上昇します。呼吸も早く、浅くなります。
感情は身体の状態に影響を及ぼしますが、身体の状況を変えることによって感情も変わります。
イライラした時は、深呼吸をして、体の筋肉を緩めてあげてください。
そして、冷静になったところで、イライラの原因を考えます。
この一連の行動をイライラした時にすぐ実行する癖をつけるとイライラ気分を感じる時間が少なくてすむようになってきます。

イライラ気分を感じる時は、相手や自分、状況や物など色々なケースが考えられますが、原因に対する感情は、先に書いた2つの感情のどちらかでしょう。
1つ目の怒りや憎しみなどの場合は、対象が存在し、それが自分の思い通りにならないのが原因です。
なので、対象が自分の思い通りになるような行動を取りましょう。
但し、これは対象を「操る」という行為になりますので、それなりの経験とテクニックと知識が必要となります。
最初から上手くできるとは限りません。少しづつ自分の思い通りになるように対象を誘導しましょう。

2つ目の自責や惨めさなどの場合は、自分が自分の思い通りにならず、自分にイライラするケースです。
これは、自分が原因ですので、自分を「操る」ことが必要になります。
理想の自分と、現実の自分のギャップから生まれる感情ですから、そのギャップをなくしていけばイライラはなくなっていきます。
その方法は、自分を理想に近づけるか、理想を下げるかです。
できれば、常日頃から自分を理想に近づけるほうを選択できれば、人間としての成長が望めますのでそちらの方が良いでしょう。
ですが、あまりにも自分に対しての理想が高い場合、自分を追い込んで苦しめてしまう場合があります。
その時は、自分に甘くしてもかまわないと思います。
理想に自分が押しつぶされてしまっては本末転倒ですので。

上記以外のイライラにもう一つのケースがあります。
それは、自分ではどうしようもない事にイライラしてしまう場合です。
この時は、イライラの原因を受け入れる事しかできません。
例えば、車の渋滞にイライラしたところで、一個人ではどうしようもありませんね。
こういう場合は、渋滞を受け入れて、ほかの事に活かすのが良いのではないでしょうか。
発想の転換をして「同乗者とゆっくり話ができる」や「たまには時間がゆっくり進むのに身をゆだねるのも良い」などと考えるのが良いのではないかと思います。
どうしようもない事にイライラするのは気持ちが疲れるだけですから。
但し、自分でどうにかできるかもしれないのに、あきらめて受け入れてしまうのは、自分の成長につながらないので判断に気をつけましょう。


世の中には、大小様々なイライラがあります。
イライラは人を成長させることも、押しつぶす事もあります。
イライラと上手に付き合っていくのが、より良い人生へとつながっていくと思います。

カウンセラー小林宏暢著者:   Google+

恵比寿メンタルカウンセリング代表。
様々な職種経験を活かし、認知行動療法を行います。
アダルトチルドレン、共依存、コミュニケーションなどのご相談をお受けしています。


←コラム一覧に戻る





当ルームではこのようなご相談もお受けしております。




ご予約はこちら

ご予約時には、以下のことをお伺いしております。
  1. カウンセリングコース(初めての方は「お試し相談室50分」か「初回面接80分」のどちらかを選択していただいています。内容をご確認下さい。)
  2. カウンセラー(カウンセラープロフィール
  3. 氏名、年齢、相談内容(お悩みの種類などを簡単にお伺いしております。)
お電話 メール
電話番号 フォームを開く
メールの受信は24時間受け付けております。
メールの返信は営業時間内にお送りいたします。

無料心理テスト

初めての方

コンテンツ

コラム

=ルーム定休日
12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2016/12/06現在

所在:東京都渋谷区恵比寿1-24-16カルチェ恵比寿503

よくあるご質問

当カウンセリングルームにお問い合わせの多い項目を掲載しております
よくあるご質問

掲載

心理カウンセリングサーチ

携帯サイト

携帯サイトQRコード
上記QRコードからフィーチャーフォンサイトにアクセスできます。
http://ebisu-mc.com/mobile/

TOP